Sponsored links

ユナイテッドアスレ5001-01 5.6oz 評価と口コミ

ユナイテッドアスレ5001-01 5.6oz

Sponsored links

ユナイテッドアスレ5001-01 5.6oz 評価

ユナイテッドアスレ5001-01 5.6ozの特長

DSC_5753

一番大好きなTシャツはユナイテッドアスレ5.6ozです

厚すぎず、薄すぎず。

袖丈、着丈もちょうどいい長さです。

使用の耐久性もある。

肌着としておすすめする綿100%Tシャツです

購入歴なのですが。
ドライ化Tシャツの流れで、綿100%Tシャツが購入できなくて、そんな中音楽が好きなので、音楽のTシャツがユナイテッドアスレ6.2ozが多いので、ユナイテッド5.6ozを買ってみようと思ったのが始まりで買い始めました。
70着から80着は無地Tシャツのユナイテッドアスレ5.6ozは買いました。


DSC_0551
一番最初に買ったのは2012年。無地マーケットで買った時のです。

普通に売っているユナイテッドアスレのTシャツは大抵が5942-01 6.2ozがほとんどなのですが、それなら肌着として、ちょっと厚いかなーと思って、試しに、5.6ozを買ったらとても良くて。

5.6ozは生地の厚さです

分かりやすく言うと、ユニクロの500円Tシャツで3.5ozとか3.2ozぐらいの厚さかなー。なんて私の判断で思って、それの1.5倍か1.8倍の厚みと思っていただければ。

このぐらいの厚さになると、洗っても直ぐにだめにならないのがいいところなんですよ。
これは5001の5.6ozの長袖版の5011なのですが、太陽透過率の透け感です。

乳首も透けません

DSC_0558

DSC_0562
このタグは今発売されているユナイテッドアスレ 5.6ozのタグの3つ前のタグです。
DSC_0568
この首リブはユナイテッドアスレでは有名な作りです
首のリブは6.2ozと一緒の作りのリブなので洗っても伸びにくいし。

ユナイテッドアスレの5.6oz6.2ozはユナイテッドアスレ独自のリブなので他にはないリブ。

このリブこそユナイテッドアスレと言っても過言ではない。

一回縫ってあるところをまた上と下で二重にして塗ってあるのと、リブ自体が厚く頑丈で伸びにくいです

DSC_0722

これは次に買った時のです。

DSC_0738

白が多いのはYシャツを着る時の下に着ているTシャツがユナイテッドアスレ5.6ozで本当によく着ています。白無地だけでも11枚持っていると思います。

DSC_0730

本当に着やすいTシャツです。

ただ、首のリブが苦手な方はプリントスターの5.6ozかマキシマム5.3ozの伸びてしまうがそこまで厚くないリブを選んでもいいかと。

使用感と耐久性

DSC_5692

これは同じ色でどれだけ色が日焼けするか、薄くなるか、洗濯して伸びるかです。

DSC_5694

同じユナイテッドアスレ5.6ozですが、緑でここまで色が違います。

DSC_5696

着て4年ですがこのくらい首が伸びるのと色が日焼けします。

首リブは伸びていますが、他のメーカーはもっと伸びます。

ユナイテッドアスレ5.6ozだからこのぐらいの持ちです。

長く着れる耐久性がユナイテッドアスレ5.6ozの特長です。

リブのタグは新しくなったのでこんな感じです。

DSC_5711

青だとこんな感じです。

DSC_5720

全体で見ると色落ち、日焼けはしたもののそんなに伸びてはいません。

DSC_5723

DSC_5732

ユナイテッドアスレ5.6ozは10回くらい洗濯をすれば肌に馴染みます

そしたら、長く着れます。
汗も吸うようになります。

ユナイテッドアスレ5.6oz プリントTシャツ

こちらはユナイテッドアスレ 5.6ozのプリントTシャツです。
DSC_6251

プリントするならほとんどはユナイテッドアスレの6.2ozでしょう。

あんまり5.6ozは見かけません。

5.6ozで作るならなんで6.2ozで作らないのか疑問が湧くぐらい謎です。

上に載っているTシャツの3つがイベントのとちぎテレビのTシャツで、1つが企画のTシャツで、1つが音楽やネットのTシャツです。
DSC_6255

多分、2015年にタグが変わりました。

私は前のタグの方が、分かりやすくて。

「あー、5.6ozだー」って分かるのに、5.6だと思って買ったら、5.0ozだと経験があり、がっかりしました。
その時のTシャツです。DSC_4705

このガルパンのTシャツは5.6ozだと思って買ったら、5.0ozでがっかり。

ユナイテッドアスレは6.2ozと5.6ozは似ているけれども、5.0ozになるとまったくの別物になるので注意してください。

リブは違うは、薄いし、袖は短いし、袖下な脇に食い込むし。

着てみれば分かります。

サイズ感

DSC_6259

全体的にこんな感じです。
着丈、身幅、袖丈のゆとりがあっていいです

DSC_6263

袖下も長くて良いです。

DSC_6268

DSC_6272

意外と企業物が多いのがびっくりなところです。

DSC_6283

私にかかれば、首のタグが切られていても、着丈のタグを見ればこうやって5001-01と書いてあるのでユナイテッドアスレ5.6ozだと分かります。

DSC_0265

こんな風な感じで普段着ています。

ユナイテッドアスレ5.6oz 口コミ、評判

amazon商品紹介
商品紹介
UnitedAthle(ユナイテッドアスレ)のヘビーウェイトの万能型Tシャツ
Tシャツ選びの重要なポイントとなる「よれない」「透けない」「長持ち」という3大要素をすべて兼ね備えたTシャツ。オリジナルTシャツ作りなど様々な場面で使えます。1枚できても様になる ヘビーウェイトの万能型Tシャツです。

ブランド説明
UnitedAthleはTシャツ、ポロシャツ、スウェット、ナイロンジャケットなどを中心とした無地アパレルのブランドです。
「シンプルなものだから、お気に入りとして何回でも着られるものを」 そんな思いで、糸の選定から縫製の一つに至るまで様々な角度からアプローチし、長く愛される商品づくりを目指しています。

ユナイテッドアスレ5.6オンス カスタマーレビュー
口コミは評判が良く。
コスパが良い、首回りが伸びない、着心地が良い、日本サイズ、身長と体重に合うTシャツ、やや大きめ、少し大き目など。
低評価の人は。
サイズが大きすぎた、ユニクロを日頃着ていて、首がきつすぎる。

など。

私のサイトを見ていただければ、アドバイスするなら、プリントスター5.6ozと言うでしょう。

選び方の違いが低評価が多かったですね。
メーカーの特長を知っていれば、そうはならなかったと思います。

まとめ

生活に合ったTシャツだと私は思っています。

段々肌に馴染んでくるので、最初は首リブがきつかったら、そのうちちょうどよくなってきます。
もし合わなかったら、「首がきついならプリントスター5.6oz(こっちもおすすめ)」が良いです。

耐久性のあるいいTシャツなので、長持ちするから経済的にお得です。

おすすめする無地Tシャツです。
今はこのタグに変わりました。

首元は伸びにくいし、少し厚い。というか、このぐらいが標準だと思っています。

他のTシャツが薄すぎるんで私は5.6oz以下は好きではないのでユナイテッドアスレ5.6ozは自分に合った好きなTシャツです。

色も豊富だし。安いし。おすすめのTシャツです。