Tシャツの考察と所見と比較

Pocket

 

考察と所見

Tシャツが好きで始まったことなのですが、Tシャツでも、100円のTシャツから8000円のTシャツと値段も様々です。

ただ、堂本光一さんが前に言っていた言葉を借りれば、「ただの布きれだぜ」

そうなのです、ただの布なのです。

8000円のブランドTシャツは素材というよりかはブランド料という感じでしょう。

私の好きなミュージシャンのTシャツなんて、ユナイテッドアスレ6.2ozを使っても、2000円で販売されている様な物です。

からくりというか、経営というのは赤を出してはいけないので、利益を出さなくてはいけないし、流通の流れと言いますか、作って、デザインで、印刷で、だと3つの会社を通してとかそうやって値がついてったりもしますので。

昔は高いTシャツを買っていた時もありますが、今ではそんなに考えないです、anvilが元値が500円で買えるTシャツが、デザインで6000円8000円となる。そうゆう世界です。

それがブランドだったりデザイン。




Tシャツに戻りますが、着心地、大きさ、布地などは独自で作らない限り変わりません。

その独自で作っているところは抜きにして、Tシャツ専用メーカーで値段も違うし、形や布の柔らかさ硬さ、肩の大きさ、袖丈や着丈の長さ、首リブの作り。最近では綿100%。

色々違いがあります。

空気のように着れるTシャツや洗っても首が伸びないTシャツ。

着るほどに生地に風合いが出たり、会社によっても様々で。

色々な会社のTシャツを着れば特性だったり、会社の良さが分かったり。

たかがTシャツですが、好きだから、メーカーの色々を考えていくこと、着ることを考えて、Tシャツを知る。

 

たびたび出るoz(オンス)とは、質量の単位で1oz=28.349523125gで。

どのくらいだったか、忘れましたが、一定の面積の生地の重さで何ozというだけで、重さは一緒でも生地は全然違う物もありますから。あくまでもめやすや重さの単位ですので。

調べてみたら例えばg/㎡の計算式で、平方メートルのグラム数です。これだとozが正確に出なかったので、どれが正しいのか?

そうしたらアメリカのアンビルのホームページを見たらoz/yd2(平方ヤード)で生地の厚さ表示が出ていました。

調べたら、計算式が出るサイトがあります。


生まれた時は裸でも、人間生活維持の為に古来から服を着て、体温調節をしてきました。

いつしかおしゃれや人と違うもの、など、着る本来の意味以外も出てきたと思います。

服を着ることはそのくらいにして、今は数多くのTシャツがありますが、トップページにも書いてありますが、今の時代ドライ化で綿100%Tシャツが手に入らなくて。

それから様々思い浮かぶTシャツメーカーを買って行ったと。

着てみて、個々の良さがあり、ネットに文字の羅列で書いてあるだけじゃ何も分からない。

5.0oz以下から汗の吸い具合がとか、薄いとか。

私のTシャツの考えなのですが、着やすい、生活の中で支障が無い(服には保護があり、ひっかけたり、ぶつかったりしても服のお陰で助かることもあるので)、いい耐久性、ぐらいですかねー。後好きという愛情ぐらいですかね。

それを少しですが、写真で管理人の着た感想で、書いてあることなのですが、よかったらお付き合いいただけたら。

 

無地Tシャツ比較

DSC_5809

たまたま今回写真に撮った時にあった無地Tシャツですが。もしかしたら全て有名じゃないTシャツかもしれませんが。

左からマキシマム5.3oz、6.2oz、ユナイテッドアスレ5.6ozの順で並んでいます。

DSC_5811

ちなみに、厚さが分かるように。下から。

DSC_5817

同じマキシマムです。5.3ozと6.2oz。ozの違いでここまで厚さが違ってきます。

DSC_5820

マキシマム6.2ozとユナイテッドアスレ5.6oz。マキシマムの方が回数を着たのでぺちゃってなってますが、もしかすると、弾力はユナイテッドアスレ5.6ozの方があるんじゃないかなー?って、こう見るとozがあまりあてにならないのが分かります。

DSC_5826

首元のリブの作りを見ると全て作りが違うのが面白いところです。

マキシマム5.3ozは柔らかそうな作りで、6.2ozはラフな感じで、ユナイテッドアスレ5.6ozは頑丈なリブで。

メーカーやozの違いで全然違ってきます。

ただ、これがおすすめというだけじゃ全く分からないと思います。

現に写真に載せている無地Tシャツの比較は私ぐらいしか載せていないと思いますし。

有名なユナイテッドアスレ6.2oz、プリントスター5.6oz、アンビル6.1oz、ギルダン6.0ozなら特に問題も無くすすめられますし。間違いもないでしょうけど。




ここから有名どころの比較です。

DSC_5836

自分の中で、勝手にこれとこれはよく比較されるものだなというものを比較します。

DSC_5873

左上から横へ、ギルダン6.0oz、ユナイテッドアスレ6.2oz、ユナイテッドアスレ5.6oz、タッチアンドゴー6.2oz、デラウェア、アンビル6.1oz、プリントスター5.6oz、ユナイテッドアスレ5.0oz、マキシマム3.8oz、ダルク。

DSC_5877

それを左と右で分けまして。

左は標準規格だろうTシャツの分類。右は薄手で脇下や袖丈が短いTシャツの分類で。

 

アンビルとギルダン比較

DSC_5885

よくこの二つは比較されると思います。

リブも似てる、生地も似てる、形も似てる。どこがどうなのか比較したいと。

DSC_5889

昔はアンビルリブは大きかったのですが、最近のは小さいです。

リブの作りはどちらもユナイテッドアスレ6.2ozの様な作りですが、意外とどちらも首は伸びやすいです。

DSC_5893

生産しているのは同じホンジュラス。

アンビルはアメリカの会社、ギルダンはカナダの会社。

昔、アンビルの記事を書いた時はまだニューヨークの会社だったのですが、今回調べて、ギルダンに吸収されたような感じで。

だからアンビル6.1ozはもう手に入らない。

実質6.1ozは無くなって、5.4ozかギルダン6.0ozを買うしかないと。

 

DSC_5897

形もそっくりです。

アメリカのTシャツですからね。

ギルダンは世界シェアナンバーワンらしいです。

でも、日本じゃあまり見ないですよね。

DSC_5899

袖丈の縫製も同じ感じで。

アンビルもギルダンも好きなところは糸です。

糸が独特で太いのです。

DSC_6737

DSC_6745

DSC_5901

その太い独特の糸が味があって、日本には無いとてもいいところです。

後、どちらも何回も着た時に風合いや味が出ます。

個人的に思うのが、ギルダンは空気を通しやすく、アンビルは空気を通さない。

生地の編んでいる面積がびっしり編んでいるのがアンビルで、というように感じます。でも、最近のアンビルは軽いです。昔は重かったです。

生地は荒く、痛いが、何度も着ると味がある。

個人的にはアンビルは好きです。ギルダンはそんあ。という感じです。

ギルダンはアンビルよりもサイズが大きい感じです。ギルダンLサイズはXLサイズ。

昔のアンビルはLサイズがXLサイズぐらいでしたが、このアンビルのTシャツはLはLサイズの大きさで大きくはないです。

どちらもアメリカTシャツなので、肩が広く、窮屈な感じがしなくてだぼっと着れてとてもいいです。

他のTシャツに無いところは着丈が長く横幅もあるところ。

最近のアンビルはこれが無くなってしまったから、ギルダンはこれが残っています。

ユナイテッドアスレ6.2ozとプリントスター5.6oz比較

DSC_5916

日本で有名な二つの会社の代表的なTシャツです。

DSC_5922

有名なユナイテッドアスレ5942の6.2ozの首リブ。

有名なこのTシャツの一番の特長。

DSC_5926

有名なプリントスター5.6ozの首リブ。

有名なこのTシャツの一番の特長。それと、生地が柔らかい。

DSC_5929

ユナイテッドアスレ6.2ozは頑丈です。耐久性に優れています。着心地も良いです。でも、ちょっと硬くて重いかなー。という印象。

プリントスターは柔らかい着心地。首リブの柔らか。それ故に首は伸びます。優しく着ている印象。

DSC_5935

全体の作りは似ています。

DSC_5939

日本で本当によく使われているTシャツ。

DSC_6066

DSC_6127

どちらも日本でよく愛されているTシャツです。安いし高品質。そんなTシャツです。

この二つは誰でも知っていると思うので、そんなに書くことがありませんが、首リブの違いと、硬いのと柔らかいのという感じで、硬いからと言ってユナイテッドアスレ6.2ozが着にくい訳ではなく、肩も張らないし最初首に違和感があるかもしれませんが、とてもいいTシャツだと。

私はプリントスターの柔らかさは好きですが、首リブが好きではないので、どうしてもユナイテッドアスレの6.2ozや5.6ozのリブに行ってしまうのがありますが、個々の好みですので。

それでも、好きでプリントスターも着ていますけど。

汗の吸水性がいいのはプリントスターの方がいいです。

形もどちらも同じ感じです。

ユナイテッドアスレ5.6ozとユナイテッドアスレ5.0oz比較

DSC_5947

特に比較することも無いのですが、大きく違いがあるのでの比較です。

DSC_5953

大きさが5.0ozから一気に小さくなりますし、袖丈が短く、脇の下が窮屈になります。

DSC_5957

首リブも5.0ozからプリントスターと同じリブになります。

5.6ozと5.0ozで生地が一気に薄くなります。

私は5.6ozぐらいの厚さが無いとあまりTシャツというか、薄いとそこらの売っているTシャツと一緒になるので、このぐらいの厚みがあった方が好きです。

乳首透けも5.6ozだと分からないと思います。

私はライブTシャツ着り(Tシャツ二枚重ね)なので、まず乳首が透けた試しが無いですが。

DSC_5963

脇下丈が一気に無くなって、脇に当たる感じです。

同じメーカーだからと言って、Lサイズを買ったらサイズが全然違っていた。その典型的な例です。

着心地はどちらもいいですが。やっぱり袖の短さと薄さですかね。

DSC_5753

ユナイテッドアスレ5.6ozは本当に好きでよく着ています。

雑に扱えるし、肌着としても使ってします。ちょうどいい厚さで肌着として買うならユナイテッドアスレ5.6ozかプリントスター5.6ozでしょう。

私はユナイテッドアスレ派なので。

 

比較では無くて、同じくくりで。

DSC_5976

タッチアンドゴー6.2oz

上品な作りのTシャツです。

DSC_5983

首リブの落ち着いてて、生地も柔らかいです。

そんなに有名じゃないから私も1枚しか持っていません。

DSC_5988

タッチアンドゴー6.2ozは横幅が狭いTシャツです。

それで、袖丈や脇が窮屈ではないのですが、短いというか狭いです。

脇の下に食い込む感じでは無くて。

DSC_5996

 

これらに上げたものが標準Tシャツの厚みだと思ってもいいと。

5.6ozぐらいあるのがちょうどいいです。

 

 

ここから薄手Tシャツです。

薄手Tシャツ比較

DSC_6006

薄手は好きではないので、あまり持っていません。

左からマキシマム3.8oz、ダルク、デラウェア

一言で言うと、布という感じです。

柔らかいのですが、薄いです。

ぼろぼろになりやすい、でも、肩は張らない、軽い、空気を通す呼吸するTシャツのような感じです。

厚いのではギルダン6.0ozも空気を通す呼吸するTシャツです。

DSC_6020

マキシマム3.8ozとダルクの生地は本当にとてもいいです。

でも、どちらも袖丈、脇下が無かったり。

ダルクの脇下なんて本当にひどく短いです。

ダルクはラグが着丈の裾にタグが付いています。

DSC_6022

DSC_6027

薄いから簡単に透けます。

DSC_6406

あまりおすすめはしませんが、これを好きな人もいると思うので。

デラウェアは本当に好きになれない、Tシャツです。

雑なTシャツという感じです。

DSC_6031

DSC_6040

DSC_6045

このしわくちゃ感と言いますか、本当に安いTシャツという感じです。

DSC_6054

袖も脇下も短い。

 

上の5.6ozと比べる同じTシャツでも全然違いますよね。

 

 

 

参考までに大手のTシャツのamazonと楽天別のレビューもまとめておきますので、個人や業者の人が分かりやすいように。

 

相場的な感じとコストパフォーマンスの面からのサイト管理人の好みから言うと。

ユナイテッドアスレ5001-01 5.6ozユナイテッドアスレ5942-01 6.2ozプリントスター5.6ozヘビーウェイトTシャツ 00085-CVT マキシマム5.3ozが好きでよく着ています。

マキシマム5.3ozや3.8ozはタグが短冊型のタグが好きで着ています。

後、肌触りが良いので。

ユナイテッドアスレ5.6ozと6.2ozとプリントスター5.6ozはリブの作りがよく、耐久性に優れていて、長く着られます。

それとユナイテッドアスレ5.6ozとプリントスター5.6ozは値段が手ごろな値段です。

安い訳でないのですが、この作りでの良い値段です。

この中で一番高いのはもしかしたらユナイテッドアスレ6.2ozかもしれません。

と思って調べてみたら、マキシマム5.3ozが一番高いです。

因みにamazonの相場で。

 

日によって変動します。それとサイズや色によっても値段の変動があります(amazonの場合)。マキシマム5.3ozはあまり有名ではないですが、ユナイテッドアスレ5.6oz、6.2oz、プリントスター5.6ozはいろんな分野で使われているTシャツなので、ファッションから自作Tシャツから肌着など。

私はここにあげた4種類を好きでよく着ています。

 

Tシャツひとつでもこの様に特長や特性が個々のにあり、着てみて、良さが分かったりもします。

たくさんのTシャツがあると思うので着ることをおすすめします。

 

いいTシャツライフを。

買って着てみましょう。

 

ではでは

 

 

追記2017年11月6日

色の違いについて載せていなかったので。

メーカー別の色の違い

左からユナイテッドアスレ5.6ozロンT、マキシマム6.2ozロンT、ジュラン8.4ozトレーナー。

長袖とトレーナーなのですが、めーかーのよって青の濃さの違いがあって、とても面白いです。マキシマムはロイヤルブルーなので少し薄い青なのですが、それでも同じ色の濃度なので、色と言うのはどこも精度が同じですごいです。

 

縦並びと横並びで光の加減で見え方が違うのかと、並べ方を変えてみました。

左から、ユナイテッドアスレ6.2oz、プリントスター5.6oz、ジュラン8.4ozトレーナー。

ユナイテッドアスレよりもちょこっと薄くなったのがプリントスターなのですが、近くで見ると色の違いは全く判りません。

遠くから見ると違いが分かる感じです。

ジュランになるとはっきりと薄くなったのが判ります。

 

メーカーによって色も少しは変わってきますが、どこのきれいな濃度だったり、鮮やかな色だったりするので、私が思うに、ユナイテッドアスレは濃度が濃いとか、メーカーによる色も違うのでとても面白いです。

 

ではでは

 

Pocket