Tシャツ紹介学部活動記録

Pocket

16490007

こんにちは、初めまして。

管理人というか上げてる人です。

昔からTシャツが好きで、それもあり無地Tシャツが手に入らなくなった頃、ユナイテッドアスレ5.6ozを買ったらとても良くて。でも、ネットで調べた時になんか分かりにくいなー。

上げてるサイトは商品と名前の羅列だけと思って。

それでブログで上げたのがきっかけで、分かりやすいサイトでも作ろうかなーと。

私は日本大学芸術学部写真学科を卒業していまして、ネットのサイトは写真とか全くなかったので。写真で分かりやすく載せようかなーと考えまして。

上げてる人がどんな人かの。

16280097

大学時代です。写真しかやっていませんでした。

DSC_0223

DSC_0055

卒業してからはお金を貯めては旅行するのが好きで。

上の写真はウラジオストクに行った時のです。

一人で海外行くのが好きです。




 

 


ブログから見ている人は久しぶりです。

活動記録と書いてありますが、Tシャツを好きになったり、無地Tシャツを会社ごとに買っていっての流れみたいなのを時系列にまとめてみたものです。

では。

大学を仮面浪人して入りまして、その仮面浪人していた時にバイヤー経験のある先輩がいて、それまではTシャツなんて3枚しか持っていない高校上がりの大人という感じで、その人からTシャツを2枚重ねで着る「ライブTシャツ着り」を教えてもらって。そこからTシャツが好きで。

でもその頃は原宿系のTシャツしか買っていなくて、いろんなTシャツが分からなくて。

大学入ってから、色々中央線系、音楽系など幅広くTシャツを買うようになって。

その位の頃からプリントTシャツの下に着るTシャツはユニクロの500円の無地Tシャツで。

DSC_5653

DSC_5660

DSC_5672

でも、ドライ化の波で、2010年くらいから全く手に入らなくて、それで困って、色々ネットで調べたり、ユニクロの高いTシャツやイオンや他の売ってそうなところへ行っても、首元のリブが全く好きじゃないリブだったり、袖が短く脇の下が短かったりと思い描くTシャツ像では無くて。

そんな時に、そもそもTシャツをたくさん持っていて、「ユナイテッドアスレやプリントスターを買えばいいんじゃないか?」と思いまして。

でも、今みたいに、楽天やamazonを自分はそんなに詳しくなくて。

Tシャツの業者用の問屋で買いまして。

DSC_0551

2012年11月14日に、無地マーケットで14枚買って。

これが本当に良かった。

それをに1期目のブログに書いて、そこから始まった様な気がします。

もう、綿100%のTシャツをどこで買うか迷わずに済むと思いまして。

2年くらい右往左往、だから前にユニクロで買った開けていないのを開けて着たり、下は綿100%、上はドライTシャツとYシャツの下は着たり。

やっぱりドライTシャツはべとべとして嫌だ。乾いたのが肌にべとべとになるから。

 

それからユナイテッドアスレの5.6ozです。

その当時、ユナイテッドアスレ6.2ozしかユナイテッドアスレでは持っていなくて、「首のリブが伸びないから、少し薄手の5.6ozにしようと」最初の試しに、5000円からの送料無料もあり、14枚買っても大丈夫だろうと、買ったら本当に良くて。

DSC_0558

DSC_0562

DSC_0570

この時から比較し始めて。

探したら実際に5.6ozを持っていて。

DSC_0577

DSC_0579

ここからTシャツのメーカーまで詳しくなりました。

その前からTシャツはたくさん持っていて、ただ、メーカーを考えず着ていたので。

ちゃんと着ているのでメーカーの事が経験として語れるので。

 

その同じ年の2012年12月24日に、他の会社だとどんな感じなんだろう。と、Tshirt.stで買ったんですが、ネットの写真と物が全然違うのでがっかりして。

ユナイテッドアスレのジャケットがあって、買ってみたら、右のしわくちゃの物です。

DSC_0700

左からジュランのパーカー、ギルダンのTシャツ、ユナイテッドアスレのパーカー、ユナイテッドアスレのジャケット。

なんかがっかりして。

あそこはキャンペーンとかかなり宣伝とか多くしているんですけど、私はこんなことがあったから、問屋的なところで買おうかなーと。

ちなみに、段ボール梱包です。

 

で、無地マーケットはビニール袋です。

DSC_0719

これが無地マーケットのです。問屋はこんな感じで来ます。

私はこっちの方が好きです。

2013年11月6日に15枚買った時のです。

DSC_0722

前に買ったのがよくってまた買いました。

DSC_0730

DSC_0738

DSC_0741

ユナイテッドアスレ5.6ozでこの厚みです。

5.6ozも意外と厚いので6.2ozばかりに目を行きますが、5.6ozも普通にプリントTシャツとして使えますよ。

 

それで、さっき書いた通りで。

ネットでTシャツ比較で載せていても、分かる人はいいですが、全然知識が無かったり、本当にそのTシャツはいいの?と疑問に思うようなこともありますので、自分、ブログをやっていて、当時のブログに載せまして。

それが2014年2月4日。

大手(無地綿100%)Tシャツメーカー比較 写真による

DSC_0653

DSC_0667

写真で無地Tシャツ綿100%を比較している人なんて誰もいなかったし、Tシャツが好きなので、どの分野がそのTシャツメーカーを使っているかも把握できますし。

今でも見られているブログのページで。それが良かったから、ちゃんとしたサイトを作ろうかなと、今に至りますし。

 

2015年5月19日に次のブログでユナイテッドアスレの5.0oz、5.6oz、6.2ozでどんなものか比較して。

DSC_0265

DSC_0306

着てみて、特長、特性が分かりますから。着ないことには。

 

それで、様々な会社で買ってみてどうなのかなーと?

2015年9月26日、問屋街で買ってみて。

最初、上野かなーと勘違いしてて、長野県の会社です。

DSC_0375

問屋街はいいですよ。

私は好きです。

 

無地マーケットが5000円から10000円に送料無料の設定金額が変わってしまったのと、ユナイテッドアスレ以外はどんな感じなのかなーと?

個人的にマキシマムが気になって買ってみて。

楽天ポイントがあったので実質、今回はタダで。

DSC_0380

DSC_0385

DSC_0389

DSC_0390

DSC_0405

マキシマムなんて全然メジャーじゃないから。ほんと東方Tシャツ様様ですよ。

DSC_0753

なんでマキシマムでTシャツ作ってるの?とつっこみたくなります。

 

再び問屋街で。

2016年2月16日。

問屋街でTシャツを買う

DSC_0662

DSC_0672

DSC_0682

ユナイテッドアスレとマキシマムが欲しくて。

DSC_0693

DSC_0698

DSC_0702

DSC_0703

今回からタグが変わりまして。

分かりにくくなった。

DSC_0711

この右のが旧タグで、こっちだと、「ユナイテッドアスレ5.6ozだ」と分かりやすかったので。

ちょっと残念です。

実際にタグを見て5.6ozだと思って買ったら5.0ozとがっかりしたこともあって。

DSC_4705

この右のは5.0ozなのに、見た目5.6ozと一緒で。

首リブ見ると5.0ozのリブで。

DSC_0716

DSC_0719

マキシマムでもozが違うだけで、ここまで違いますし、面白いですよ。

DSC_0734

DSC_0390

 

それで、前々からしたかった無地Tシャツメーカーの分かるようにするサイト作りたかったので、最近暇になったので。2016年5月18日に本を買って、サイトにあたり、サーバーが必要なので2016年5月20日からサーバーを借りて、22日にお金を振り込んで、作るサイトにサーバーからログイン出来て(ログインで来ただけで、本当にうれしくて、それだけ知識が必要なことなので、全くできなかったのが入り口に入れて)、本格的に作り始め、作り始めて1週間。今に至ります。

DSC_5873

 

以上が今までの活動記録です。

これからカテゴリー別でTシャツをちょっとずつ載せていきます。

 

 

 

Pocket