パーカー比較

Pocket

dsc_3280

典型的な無地パーカーの比較です。

昔はファッションではLeeかチャンピオンがとても多く使われていました。

今は分からないのですが、このマキシマムのパーカーは典型的な日本のパーカーという感じです、形が日本のパーカー。




私はアメリカのパーカーが好きで。

アメリカのパーカーはサイドリブが入っています。

そうゆうのを分かりやすく載せていきます。

 

Jellan(ジュラン)

dsc_3283

ジュランは音楽のパーカーで使われていたものです。

 

MAXIMUM(マキシマム)

dsc_3289

作りが日本のスエット、パーカーの作りで。このような形のものがファッションのパーカーでは多いです。

 

Champion(チャンピオン)

dsc_3292

サイドリブの入ったアメリカの形のパーカー。

 

チャンピオン

dsc_3300

このチャンピオンはmade in usaのチャンピオンでとても着やすいです。

安いチャンピオンとは訳が違います。

made in usaのチャンピオンは結構縮みます。

生地が厚く、冬に着るパーカーという感じです。

アメリカ製はあたりはずれがあります。というか、個々に個体差もあります。大雑把なのがアメリカ製です。が、それもアメリカの味だと思っていますし、他のパーカーがちゃっちすぎて、アメリカは仕事してるなーと。とパーカーにいいものをとも思いますし。

 

元は軍服の中に着るものとして作ったらしいんですよ、チャンピオンは。前にチャンピオンの1着目を買った時に聞いたんですけどね。だから、温かい。

北関東の人間で、冬はとても寒いから、チャンピオンのアメリカ製のパーカーは欠かせません。

dsc_3304

これがサイドリブというものです。

横に伸縮のリブ

が付いています。

dsc_3307

裏を見るとこんな感じです。

厚手の起毛とリブと。

これが温かいんです。

 

全部made in usaのチャンピオンです。

dsc_3312

左から2002年に上野で買ったブラック、2013年に楽天で買ったブラック、2015年にamazonで買ったネイビー。

dsc_3316

dsc_3322

昔のタグなので、チャンピオンのタグが黄色です。

dsc_3327

こっちは最近のチャンピオンのタグなので赤です。

dsc_3331

こっちも最近でチャンピオンのタグは赤です。

 

昔のアメリカ製のチャンピオンはすごく良くて。今よりも生地が厚い、今よりも生地を多めに使っている。窮屈じゃない。昔は良かったんです。

dsc_3341

同じブラックでも2002年と2013年とで、脇から肩にかけての生地面積が違うのが分かりますか?

昔はバーカーの下に長袖、もしくは半袖を着れば中に温かい空間が自然とできて、とても温かくて。

今のチャンピオンは昔に比べて窮屈ですが、他のパーカーに比べればかなり温かい、後、アメリカ製なので、個々に個体差がありますので、ネイビーの方はそんなにきつくなく。同じXLでも全然違います。

洗っても縮むのもありますし。

 

dsc_3345

これなんですよね。前ポケットの生地面積が少なくなっちゃって。

昔はとても良かった。

また大きくならないかな。なんて望んでます。

日本サラリー様(日本の販売元の会社)どうですかね。

こんなに熱狂的なチャンピオン信者もいるんですよ。

dsc_3353

頭も昔は角が尖っていて、魔法使いの様なパーカーで。

今は角に斜めに縫われているので。しかもトップが少し短くなっている。

写真を撮ってみて気づきました。

dsc_3357

製法も違います。昔の物は二重に縫われていないんですね。

made in usaのチャンピオンやアメリカの形にチャンピオンは袖が切れやすいです。

でも、そこがアメリカっぽくていいです。

袖リブが厚くなくてフィットするんですよ。

日本の物は厚くて、伸びたら伸びきってるじゃないですか。

これはそうゆうことが無いので。

dsc_3361

dsc_3371

昔は腕リブも長かったのですね。また昔に戻らないかな。

経営と生産と利益で生地がコスパされる時代ですから。。。

 

おすすめなので冬にとても温かいです。

私はチャンピオンのアメリカの形が一番好きです。

楽天もamazonも昔は12800円でしたが最近は楽天が17280円amazonが14904円と少し高くなりました。

楽天

amazon

 

高いですが、10年は着られるとてもいいパーカーで、一回着るととても温かいパーカーで、少しごあごあとしますが、パーカーの最高のパーカーだと思っています。

 

手が出せない人は、アメリカのパーカー型の中国製です。

これがチャンピオンの中国製なんだけど、アメリカのスエットの形での中国製。

dsc_3373

これは2004年に原宿で買ったものですが規格が全く一緒。ただ、アメリカ製より生地が薄いぐらいですかね。

腕のリブの長さが一緒です。

dsc_3379

すいません、こっちはパーカーじゃなくてスエットです。

アメリカ製の違いは少し薄いのと、こっちは伸びます。縮みません。そこが大きな差です。

dsc_3387

made in chinaのチャンピオンなのでタグが青です。昔だからかもしれません。今は何色だか?

dsc_3391

サイドリブの裏と起毛です。

これも温かいです。

生地の厚さは温かさに比例しますので。

このぐらい違います。

dsc_3395

dsc_3402

それでもかなりいいアメリカ規格のスエットの中国製。

アメリカ規格のチャンピオンの中国製なんて薄すぎて着れないので、アメリカ規格の物をおすすめします。

楽天

amazon

 

スエットの方で

楽天

amazon

スエットでもアメリカ製はありますので。

ただ、私はアメリカ製のスエットならパーカーを買ってしまうので。それでという感じです。

 

 

Lee

dsc_3411

Leeのアメリカ規格のパーカーも本当に良くて。

とても温かくて、昔は多かったのですが、今はこのleeのパーカーは全く手に入りません。

dsc_3418

dsc_3425

こちらはチャンピオンと違って、縮みません。

リブの生地も全然違います。

dsc_3427

昔のアメリカ規格のパーカーはいいですね。脇下から肩にかけてがゆとりがあって。

今もこのようなパーカーがあれば。

dsc_3431

Leeはだぽっと着れて、ほんとゆったりと。

生地も厚いです。

dsc_3434

この様に、伸び縮みなく、このような感じの着物(反物)みたいなパーカーです。

サイドリブのエンドのとこまでポケットがあるのがLeeのパーカーのいいところです。

dsc_3436

厚さもチャンピオンと大差ないです。

 

マキシマム

dsc_3444

サイドリブが無く、前ポケットの作り、腕リブの伸び、日本のパーカーの規格です。

買った時11.2ozと厚手の方だと思って買ったのですが、チャンピオンやLeeに比べれば全然です。

着丈が短いのが日本のパーカーです。

値段も安いです。2500円ぐらいで買いました。

dsc_3453

アメリカのパーカーを着るともう、春や秋の時に着るぐらいのパーカーですね。

dsc_3456

腕リブがこの様に伸びます。

dsc_3462

サイドリブが無いので、横に縫製です。

dsc_3466

dsc_3468

厚さもこんな感じです。

dsc_3474

マキシマムのこの厚さのパーカーが無いので、ユナイテッドアスレかプリントスターのパーカーですね。

薄手のパーカーならマキシマムは多いです。

 

 

ジュラン

dsc_3479

ジュランの薄手と厚手なのですが、ジュランの厚手はとても特徴的で生地が硬いです。

薄手はとても着やすいですが、厚手は肩が凝ります。

dsc_3482

厚手も薄手も作りは同じような感じです。

dsc_3484

dsc_3489

dsc_3491

薄手は生地がパイル生地で、タオルの様に毛が出ているのがパイル地です。

厚手は起毛です。

dsc_3494

これを見れば分かると思いますが、本当に厚くて硬いです。

それなのに、チャンピオンよりも保温性がないです。

不思議なところですよね。

dsc_3503

dsc_3507

dsc_3510

dsc_3512

腕リブの長さと、硬さが分かりますかね。

 

 

私はもう、チャンピオンの様にアメリカ規格のパーカーをほとんど着ています。

一回着ると本当によく、もう、それじゃなくちゃだめな感じです。

 

偏りすぎの比較ですが、そんなパーカーです。

私は厚手のアメリカ型のパーカーが好きですが、日本ではまだまだというか、サイドリブ自体主流ではないので。

amazonランキングで「無地パーカー」とやってみても普通の日本型のパーカーでしかないので。

 

 

高いので、お金無かったら、無難にTシャツメーカーのパーカーなら余程のことがない限りハズレはないので。

 

 

パーカーはoz表記がされてなかったり、されてなかったりですが、Tシャツのozを思い出せば厚手薄手が分かります。

ユナイテッドアスレの6.2ozがTシャツで厚いのにパーカーが8.4ozだと薄いパーカーに入ります。

上のマキシマムの私が持っているパーカーが12.2ozなので、それでも薄いかなーと私は思うくらいです。

 

ここに載せたので温かい順とすれば。

アメリカ製サイドリブチャンピオン>Leeアメリカサイドリブ>中国製サイドリブチャンピオン>ジュランサイドリブ>マキシマム>ジュランジッパー

の順です。

冬と秋で考えるなら、ジュランサイドリブ(冬)>マキシマム(秋)と変わる感じです。

 

いろいろ着てみればパーカーの個性と良さも分かります。

 

 

Pocket