アンビル6.1oz

Pocket

アンビル6.1oz

DSC_6207

 

アンビル6.1ozは独特でアンビルのカラーがあっていいんですけども、ここ3年くらい6.1ozが市場に出回っていないんですよね。

amazonにあるのは5.4ozの3枚パックで買ったことがないですからね。

なんでないのか、どこも手に入らないですよ。




アンビルは主にファッションに強いです。

DSC_6213

右がネペンテスで、その隣がアンダーカバー。

アンビルは生地が独特でざらっとしていて痛いです。

でも、そこがアンビルかもしれません。

昔はよく着ていましたが、最近は全然着ていませんが、たまに着たくなります。

 

サイズは大きいです。

でも、ユナイテッドアスレやプリントスターでLでも、そのままアンビルはLサイズで普通に私はそのままのサイズで。

昔は大きいなと思ってMサイズを買ってみたら、実際小さいなと思ったので、昔よりもサイズ変わったのかなーなんて思ってしまい。

DSC_6219

アンビルの特長は布、生地にあると思うのですが、私はそれよりも縫い目がアンビルだなっと思います。

後、アンビルは他のTシャツと違うところは味わい、風合いが出やすいです。

着た分、Tシャツに現れるし、色落ちも他のTシャツに無いほどの色落ちです。

アンビルの黒のTシャツなんて他のTシャツと洗えないぐらい落ちますよ。

DSC_6223

ここの首元とか、こうやって味が出ます。

そう言えば、ユナイテッドアスレの5.6ozと6.2ozと同じリブなんですね。あんまり意識いしてなかったんですが。アンビルは首元は伸びやすいです。

DSC_6231

白のアンビルは最近と言っても2年前3年前に買ったんですが、首リブの幅が短くなったのが分かります。

この白アンビルはMサイズで、小さいなと思ったTシャツです。

 

アンビルのタグの裏のマークは最初マウンテンスミスなのかなー?とか思ったら、金床のマークなんですね。よく分からないんですが、加治屋の叩く土台のやつだと。

 

DSC_6238

全体としてはこんな感じです。

しわもいい感じに出るのがアンビルだと思います。

DSC_6241

袖丈は短かったかなー?でも、確か肩が長いんですよ。

でも、前に測ったのを見てみたら、少し長いぐらいで。

大手(無地綿100%)Tシャツメーカー比較 写真による その2

ここを見れば、詳しく載っています。

私が前に作ったのです。

アンビルはゆったり着れるといったイメージがあります。

ゆったり着れます。

アメリカのメーカーですし。

DSC_6720

最近のアンビルはラグが布からビニールの様な素材に変わったのかな?こんなにぐちゃぐちゃになります。

DSC_6721

製造は前と変わらず、ホンジュラスです。

お国柄なんですかね。

日本とかアジアは中国製だけど、アメリカのTシャツは中央アメリカ辺りで作ってますよね。

私の持っているので、メキシコ、ハイチ。

DSC_6726

先程書いたように、アンビルは縫い目が特長で、上がユナイテッドアスレ5.6ozで、糸が違うんですよね。

ユナイテッドアスレは1本の糸という感じで、アンビルは小さい糸がたくさん集まった弾力のある糸。

DSC_6730

DSC_6737

こっちは分かりやすいです。糸が柔らかく太いんですよ。

これはアンビルの特長です。

DSC_6739

後、アンビルは毛玉ができやすいです。

何度も着てくと味が出るのと、生地も柔らかく馴染みます。

アンビルのこの黒はなぜか古着の様な匂いがして、そこがとても好きです。

DSC_6742

DSC_6745

糸だったり、縫い目の感じが分かりましたかね?

 


買うところは正直今は買えない状態です、製造してるのか、どうなったのかも分からない状態です。

どこのお店でも扱っていません。

amazonでは5.4ozは売っているのですが、着たことないものをすすめられないので、何とも言えない感じです。

兎に角、今アンビルは手に入らないのが現状です。

今あるアンビルのamazonページです。

そこでもあまり扱っていません。

 


調べてみたら、anvilのアメリカのホームページを見たら、もう、6.1ozは作っていない感じです。

アメリカまでネット回線で行くので、行きの回線が長いから開くのに時間が掛かります。

アンビルのアメリカのホームページのTシャツページ

 

ホームページを見ての考えが、GILDANの傘下に入ったのかなー?ギルダンはカナダの会社なので。

でも、今では世界シャア1位だから、アンビルを吸収して、ギルダンの6.1ozが主力商品だからアンビルの6.1ozを売るとギルダンが売れなくなるから作らなくなったんではないか?という私論見解です。

 

 

 

Pocket