無地Tシャツ綿100%紹介学部

いろいろな無地Tシャツの特徴やメーカーを比較して説明したTシャツ好きのサイトです。

Tシャツの透ける感じの比較

time 2018/04/25

Tシャツの透ける感じの比較

Tシャツで乳首が透けたり、胸毛が透けたり、ブラジャーが透けたり、そういった透けるTシャツはどのくらいからなのかを。

誰もやっていなさそうなことをしてTシャツの透ける度合を測ろうと思います。

光を使った光の透過性での生地の光の透過率を測ろうと思います。

光が透過することによって肌が透けるという原理です。

シャッタースピードと絞りを固定して、柔らかい光で光の抜ける感じを見てみます。

なるべく黒を使います。でも、黒が無い物は違う色を代用しています。

では見てちょうだいねー。

 

sponsored link

ユナイテットアスレ6.2oz

ユナイテッドアスレ5942-01 6.2ozです。

価格帯はamazonで1,000円ぐらいのTシャツです。

流石に6.2ozだけあってそんなに透けないです。

ボディの天竺編みの丸編みが細かいような気がします。

素材も厚いのであまり透けにくいTシャツです。

ユナイテッドアスレ6.2ozは首リブの首を通す面積が小さいです。

首リブも伸びにくいということです。

それと、重量感もあるので、透過しないです。透けないということです。

ユナイテッドアスレ5.6oz

ユナイテッドアスレ5001-01 5.6ozです。

価格帯はamazonで750円ぐらいのTシャツです。

すいません。Tシャツの黒が無くて、リブ有ロンTの5011-01なのですが、素材は一緒なので、黒なので、使いました。

ユナイテッドアスレ5.6ozもあまり透けない感じですね。

ボディの天竺編みの丸編みが細かいような気がします。

ユナイテッドアスレ5.6ozはユナイテッドアスレ6.2ozに比べたら、少しだけ首リブは伸びやすいと思います。

透過しないですが、透けるか透けないかのラインが5.6ozぐらいかなと思います。

ユナイテッドアスレ5.0oz

ユナイテッドアスレ5401-01 5.0ozです。

価格帯はamazonで750円ぐらいのTシャツです。

ユナイテッドアスレ5.0ozはちょっと変わっていて、同じユナイテッドアスレの6.2ozと5.6ozリブも違うし、脇下も短くなるし、少し小さ目です。

ユナイテッドアスレ5.6ozとさほど変わらない感じがします。あまり透けない感じですね。

ボディの天竺編みの丸編みが細かいような気がします。

黒だとこうですが、白だと透けるぐらいのTシャツだと思います。

感じ的に言うと、ユニクロとがこのぐらいだと思います。

プリントスター5.6oz

プリントスター5.6oz ヘビーウェイトTシャツ 00085-CVTです。

価格帯はamazonで750円ぐらいのTシャツです。

ユナイテッドアスレに比べたら、ボディの天竺編みの丸編みがから光が透過しやすい感じがします。生地の厚さはほどよい感じのTシャツなので、透けにくいと思います。結構着やすいし、軽いし、透けないと言った感じ。

プリントスター4.7oz

プリントスター4.7ozスタンダードTシャツ 00084-BDTです。

価格帯はamazonで900円ぐらいのTシャツです。

あまり出回っていないTシャツなので高いです。

自分も1着しま持っていません。

これもプリントスター5.6ozと同じでボディの天竺編みの丸編みがから光が透過しやすい感じがします。生地の厚さは薄いです。

4.7ozだったら透けると思います。

マキシマム6.2oz

マキシマム6.2ozは今はLIFEMAXと名を変えて売っていますが、ライフマックス6.2ozを買ったことが無いので、どうなんだか分かりません。

多分同じだと思うのですが。

価格帯はamazonで1,200円ぐらいのTシャツです。

結構高いです。

昔はあまり好きではなかったのですが、今は結構好きなTシャツです。

独特の路線を行くTシャツです。

あまり物が出回っていないので、着ればかっこいいです。

マキシマムも天竺編みの丸編みがから光が透過しやすい感じがします。

生地は厚手なのですが、風通しやすく、軽い感じです。透けにくいと思います。

マキシマム5.3oz

マキシマム5.3ozユーロTシャツ MS1141です。

価格帯はamazonで950円ぐらいのTシャツです。

これももう売っていないから残念なのですが、とてもかっこいいTシャツで着やすいです。

着やすいのですが、薄いです。

実際に光を透過させて分かったのですが、首リブからも透過します。透けやすいですね。

このマキシマム5.3ozは短冊形のタグなので、それが本当に好きです。

生地もいいし、素晴らしいTシャツです。

でも、透けます。

マキシマム3.8oz

マキシマム3.8ozユーロTシャツ MS1138です。

価格帯はamazonで800円ぐらいのTシャツです。

とても着やすいTシャツなのですが、本当に光を透過させます。

完璧透けます。

ハンガーも見えているので、二重の生地の所も透けています。

4.0oz以下だとかなり透けるということが分かりました。

実際に様々な服を同じ条件で写真に撮ってみて、こうやって検証できたことはとてもいい事です。

また一つTシャツを詳しくなった気がします。

アンビル6.1oz

昔はかなりメジャーなTシャツでしたが、今は全く出回っていません。

価格帯は昔だと問屋とかだと750円ぐらいとかかなー。amazonだと1,000円ぐらいかもしれません。

もう、売っていないので、残念ですが。

前に、「アメリカTシャツは衣服が呼吸してくれる」と書いたような気がしますが、それがよく分かる写真です。

天竺編みの丸編みが日本に出回っている中国生産の物よりも、粗めに出来ているので、よく風が抜けるのですが、こうやって見てみて、よく光を透過しています。

首リブでさえも透過しています。

生地は厚いのですが、天竺編みの丸編みが粗くても、透けにくいと思います。

ギルダン6.0oz

ギルダン6.0ozウルトラコットンです。

価格帯はamazonで550円です。

アンビルから市場と取ったTシャツです。

まあ、買収したのだと思います。

ギルダンはもっと天竺編みの丸編みが粗いので、多分このTシャツが一番風が抜けるTシャツだと思います。

こんなに透けるもんだとは思いませんでした。

首リブもボディも光が透過して。

とても着やすいTシャツではありますが、やはりTシャツひとつひとつ違う物ですね。

アンビルもギルダンもマキシマム6.2ozも肌着としては粗くて、少し着るのに慣れが必要です。

生地は厚いので透けないと思うのですが、ここまで天竺編みの丸編み粗いので、透けてしまうかもしれません。

これは光が抜けていますが、この間に人の体が入って、遮断して透けなくはなるとは思いますが。ここら辺がアメリカのTシャツっぽいと思います。

でも、風を抜けるTシャツと実証したので、ギルダンのTシャツはいいかもしれませんね。

タッチアンドゴー6.2oz

結構前に買ったのですが、今は手に入らないかもしれないTouch&Goです。

タッチアンドゴーは意外に透けないです。

結構良質なのかもしれません。

それと、あまり出回っていないので、どうなのかな?というのもあります。

透けないからいい感じです。

アメリカの薄手のTシャツ

メキシコ製のアメリカのTシャツです。

oz的に4.5ozぐらいだと思うのですが、結構透けます。

首リブかも透けます。

天竺編みの丸編み粗いのです。

生地が良くて、とても軽いのでとてもいいTシャツです。

メキシコ製やハイチ製は好きですよ。

デラウェア4.0oz

deslawear 5804-01 4.0ozです。

価格帯は分からないです。amazonでは750円とありますが、そんな高くないと思います。それと、売っていないです。

デラウェアはユナイテットアスレの安い版なのかな?見てみたら。ユナイテッドアスレの低価格ブランドと書いてありました。

私は薄すぎてあまり好きではないです。

めちゃくちゃ透けます。

光が抜けるので、肌が白かったら、反射して肌が透けますね。

非常に軽いし、伸びやすいです。

DALUC

昔のダルクです。

4.0oz以下だと思います。

この時代は着丈の袖の所にタグが付いています。

その後の時代は確か脇腹の商品の品質表示タグの所に付いています。

首元にタグが付いていない面白いTシャツですが、脇下が短いのが難点です。

最近は売ってないのかな?前にドンキホーテで198円で売っているのを見ました。

元がトムスのプリントスターと同じ会社だったような気がします。

とにかく薄いです。

かなり透けます。

とても軽いです。

しまむら

参考までにしまむらのTシャツです。

しまむらはよくコラボTシャツが多いので、たまーに買います。

価格帯は1,500円。

oz的に5.0ozぐらいだと思います。

天竺編みの丸編みがとても細かいです。

しまむらはTシャツによって生地に差がありますので、このTシャツはと言う感じです。

透けないです。

ユニクロ

最近、ユニクロのTシャツは8年ぐらい買っていないので分からないのですが、どうなのかな?

ユニクロは靴下ぐらいしか買わないんですが、もう、この記事を書いた時でも2年ぐらい行っていないから。

このTシャツは本当に古く、2006年とかです。

ユニクロのTシャツでも厚みがあった頃です。

厚みはあるのですが、透けやすいですね。

ユニクロもTシャツによって厚みの差や時代によって全然違います。

 

感想

写真に撮ってみて、分かったことがギルダンはあんなに天竺編みの丸編みが粗目で、透けるのかー。とびっくりしました。

天竺編みの丸編みの粗目の良さもあって、Tシャツが蒸れないのがとても良くて、夏なんか体に空気が抜けてとてもいいんですよ。

Tシャツのボディの編み方の大きさで違いが出ることが分かりました。

プリントスターとユナイテッドアスレは変わりないかなーと思っていたのですが、写真に撮ってみて、プリントスターの方が、天竺編みの丸編みが少し粗目でユナイテッドが細かめと言うことが分かりました。

 

私はいつも音楽Tシャツとかを着ているのでTシャツは2枚着ていて、下にプリントスターやユナイテッドアスレを着て、その上に音楽Tシャツを着ています。バンドTシャツの着方なのですが、透けるということは無いのです。

いつも下のTシャツはズボン中に入るのでお腹も冷えないです。それがTシャツ2枚着のいいところです。

1枚でTシャツを着るのなら、5.6ozは欲しいですね。

それ以下なら透けてしまいそうです。

 

色によっても透ける感じが違ってきます。

夏の時期に参考にしては。

以上、ゆっくりしていただいてありがとうございます。

 


sponsored link

down

コメントする




関連記事

コート

ブログ

下着

靴下




使っているレンタルサーバー

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.

ブログランキングです

カウンター

Ninja Tools



sponsored link